保育園選びに悩むママさんへ!保育園の種類

俗に言う待機児童が増加傾向にあるのは周知の通りですが、保育園の内容が明確にならず、あれこれと悩んでいる人が少なくありません。

初めての体験として子供を保育園でみてもらう際には、必要以上に困惑するでしょう。そこではじめに、保育園の種類に関して押さえておきましょう。

施設型保育園においては、認可保育園無認可保育園の種類があります。認可保育園は、施設の広さや設備、職員数と資格、具体的な保育サービスというところで、国で決められた条件をクリアしている保育園のことを指しています。

細かくみていくと公立、私立、公設民営があり、国と自治体の補助を得ながら運営しているのが特徴的で、気になる保育料は所得の違いにより変わります。

他には、幼保連携化を目指した制度に基づいて、認定こども園も徐々にその数を増やしてきています。

無認可保育園に関しては、定められた認可条件に適合していない保育施設をまとめて呼び、認可外保育園はこれと同義です。

施設の広さに敷かれた基準に諸事情で則ることができないものの、その他の点は認可保育園と大きく異ならないシステムの保育園や、少人数を受け入れることしかできない保育ママまで様々です。

東京都に設置されている認証保育所や神奈川県に設置されている横浜保育室をはじめとした、各自治体で用意された条件に合わせることで公的補助金を得て経営を続けるところも存在します。

従業員のために設置された企業内保育所や、民間によって運営が続けられているベビーホテルなども、無認可保育園に該当します。

個別型保育の仕組みには、自治体レベルで認定を取得した保育者の保育ママ制度と、民間の保育ママやベビーシッターの利用があります。

これ以外には、会員登録を済ませることで子供を預ける会員と預る会員とを結び付けるファミリーサポートセンターが、積極的に各地域で活動しています。

保育園を選択するときには、早めに情報を集めてじっくりと比較検討を行いましょう。