クリスマスのためにチョコマロンケーキの作り方!

クリスマスプレゼントとして、彼女からもらいたいプレゼントは、ブランド品などばかりでなく、手作り料理やスイーツも人気があります。

男性は彼女からのクリスマスプレゼントは、「モノ」よりも「愛情」に喜びを感じるのかもしれません。今回はクリスマスプレゼントにもぴったりな「チョコマロンケーキ」の作り方を紹介します。

■1:オーブンを200度に温める
底が抜ける四角や丸形のケーキ型に、ベーキングペーパーを敷いて、
生地がもれないように、型の上端から4~5センチ程度余るように。

■2:スィートチョコレート(カカオ分70%以上)200グラムを湯煎にかけて溶かす
卵5個を卵黄と卵白に分けて、卵白は冷蔵庫で冷やしておく。

■3:ボウルに卵黄を入れ、グラニュー糖を加え、白っぽい色になるまで混ぜる
市販のマロンクリームと溶かしたスィートチョコレートを混ぜ合わせ加えます。

■4:卵白を、角がピンと立つくらいまでしっかりと泡立て、
   3のボウルに数回に分けて加え、泡をつぶさないよう丁寧に混ぜ合わせる

メレンゲの白色がなくなったら、型に流し、オーブンに入れて20分焼きます。
焼き上がったら、そのまま冷やす。

■5:チョコレートクリームを作る
スィートチョコレート200グラムを湯煎で溶かす。
卵4個を卵黄と卵白に分け、卵黄を溶かしたチョコレートに入れ、泡立てるよう混ぜ合わせます。
卵白は角が立つまで泡立て、卵黄とチョコの中に、少しずつ加えること。

■6:型からはみ出た所のオーブンペーパーを立ち上げ、チョコレートクリームを流し入れる
常温で、数時間おいて固めます。冷蔵庫には入れないこと。

■7:仕上げ用のチョコクリームを作る
ミルクチョコレート60グラムと、カカオ分70%以上のスィートチョコレート140グラム、
バター40グラムを湯煎にかけて溶かす。
ケーキのチョコが固まったら、オーブンペーパーをはがし、仕上げ用チョコレートクリームをケーキに塗る。

最後にクリスマスプレゼントらしさを出すための飾り付けです。いちご、ブルーベリー、ラズベリーなどのフルーツや、アラザンという銀色の小さい砂糖の粒を使うのもいいですね。

サンタさんやトナカイなどの菓子を乗せると、いい雰囲気になりますよ。大切な人のためにおいしく作ってくださいね。

個別型保育を導入している家庭もあります

世間一般の保育園では取り扱ってもらえない時間や病気を抱えても安心できるように、別口で個別型保育を導入している家庭がよく見受けられます。

個別型保育には、保育ママ制度だけでなくファミリーサポートセンター、ベビーシッターなどが用意されています。

これらの中で保育ママ制度は、市区町村のお墨付きである認定を備えた保育者が子どもを預かる保育サービスです。

保育ママとして参入するためには、出産や育児の経験の他、保育士資格を取得しているなど、自治体が設けた資格要件に沿っていなければなりません。

加えて、自分の家に用意する保育スペースが、安全面や衛生面で保育園と同様であることも必須条件として盛り込まれています。

ファミリーサポートセンターは市区町村が中心に運営をし、地域で育児や介護の支援を行う会員登録制を取り入れています。

代表的な取り組みとしては、育児をお願いしたい人と受け入れたい人とを中間に立って調整します。保育園の送迎や時間外対応、これら以外にも買い物や病院通いで外出しなければいけない場合でも我が子を任せることができます。

利用料は自治体により異なりますが、1時間当たり1000円程度が平均と言えるでしょう。

ファミリーサポートセンターを備えることに関してですが、前向きに話を進めている自治体が多数ありますので、話を聞いてみるのが望ましいでしょう。

一方、ベビーシッターというのは、民間で運営が行われている会社に籍を置く保育担当者が自宅に来る保育サービスとなります。

早い時間や遅い時間、病気中や病気後などにも遠慮せずお願いできるため非常に便利でしょう。
設定している料金に関しては、何歳の子供なのかや何時に利用したか、派遣場所との距離などで取り決めが行われています。

1時間で大体1,000~1,800円というのが普通で、利便性の高い月ぎめ料金や兄弟姉妹割引などが準備されています。

個別型保育はその特徴として個別契約を行うことを余儀なくされるので、気持ち良く利用できるように信頼関係を重視したいところです。